クラウンの人気

何代目が人気?

中古車市場で最も人気があるのは、やはり現在の14代目のクラウンアスリート・クラウンロイヤルではないでしょうか。
やはり、新しいモデルの方が高く評価されるので、現行モデルの方が高額で取引されるのは仕方が無い事です。
クラウンは年配の方に人気というイメージが強かったですが、クラウンアスリートの登場により、若い世代の支持も獲得しています。
そのため、中古車市場で14代目クラウンの人気は非常に高く、高額買取してもらえる可能性が高いです。
また、2008年に登場した13代目・GWS200系から、ハイブリッドシステムを搭載しており、問題点でもあった燃費も良くなったのも人気の秘密です。

ただ、クラウンファンに人気があるのは、14代目ではなく、7代目のMS120系です。
1983年に登場し、クラウン人気をさらに押し上げたとして今も語り継がれています。
日本初のスーパーチャージャーエンジン、四輪独立懸架サスペンション、ABSの前身でもある四輪ESCを搭載し、話題になりました。

また、バブルの時期と重なったこともあり、非常に売れ行きが良かったのが1987年に登場した8代目・MS130系です。
バブルで活気に溢れていた日本を象徴するようなつくりになっており、その時代の最先端技術を集結し、日本初のトラクションコントロールや世界初のナビシステムの前身でもあるCDインフォメーションを搭載しています。

 

Page top

 

クラウンとは?
クラウンの査定額を高くする方法